【顔画像】大谷翔平の両親の職業は?高身長な3兄弟を育てた教育方針とは?

スポンサーリンク

【顔画像】大谷翔平の両親の職業は?高身長な3兄弟を育てた教育方針とは?画像引用元:https://olympics.com/

単身アメリカに渡り、メジャーリーグで大活躍をしている大谷翔平さん。

実力もさることながら、甘いルックスや礼儀正しさも合わせ持ちオールスターにも選出されるほどの人気者となっています。

大谷翔平さんが誰からも愛されるキャラになったのは、家庭環境や教育方針が理由のようですが、両親とは一体どんな人物なのでしょうか?

今回は大谷翔平さんの両親や兄、姉についてなど、家族構成にフォーカスして調査していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大谷翔平の家族構成は5人!家族全員が高身長!

【顔画像】大谷翔平の両親の職業は?高身長な3兄弟を育てた教育方針とは?画像引用元:https://www.seiko.co.jp/

大谷翔平さんは社会人の野球選手だった父とバトミントン選手だった母の間に、3人兄弟の末っ子として1994年7月5日に生まれています。

ちなみに大谷翔平さんの名前は、父親の地元の奥州平泉にゆかりがある源義経の飛翔するイメージから「翔」と平泉の「平」の字をとり「翔平」と名付けられたそうです。

大谷翔平さんには兄と姉がいますので、次男ということになります。

大谷翔平さんの家族構成は以下の通り。

・父親:大谷徹     182㎝
・母親:大谷加代子   170㎝
・長男(兄):大谷龍太 187㎝ 
・長女(姉):大谷結香 168㎝
・次男:大谷翔平    192㎝

さすが大谷翔平さんの家族で、全員が平均身長より高いことが分かります。

大谷翔平さんに至っては身長192㎝なので、その恵まれた体格はしっかりと大谷家のDNAを受け継いだからのようですね。

では、ご家族をそれぞれ詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

【顔画像】大谷翔平の父親は大谷徹で元野球選手!

大谷翔平さんの父親は、大谷徹(とおる)さんです。

大谷翔平の父親の顔画像とプロフィール

大谷徹さんの顔画像はこちらです。

【顔画像】大谷翔平の両親の職業は?高身長な3兄弟を育てた教育方針とは?画像引用元:https://bunshun.jp/

名前:大谷徹(おおたに とおる)
生年月日:1962年
出身地:岩手県北上市和賀町
学歴:岩手県立黒沢尻工業高等学校

大谷徹さんは父親にすすめられたことから野球を始めたそうですが、入学当初は坊主になることが嫌で陸上部に入部したそうです。

陸上では、100m、走り高跳び、砲丸投げの競技で県大会で入賞するほどの実力だったそうですが、個人競技が嫌になり中学2年生の時に野球へ転向をしたそうです

野球部に入ってからは、エースで4番として活躍をしていたそうなので、大谷翔平さんの二刀流は父親譲りなのかもしれませんね。

その後、スポーツが盛んな岩手県立黒沢尻工業高等学校に進学すると、野球部に入部して外野手として活躍していましたが、残念ながら甲子園出場の夢は果たせなかったそうです。

大谷翔平の父親の職業や経歴は?

大谷徹さんは高校卒業後、地元を離れて三菱重工の横浜製作所に創設された野球部に所属して社会人野球で活躍をされていました。

社会人野球時代は、1、2番打者の外野手として活躍をしていましたが、24歳の時にケガを理由に現役を引退。

画像引用元:https://www.sponichi.co.jp/

若くして引退することになったのは非常に悔しかったと思いますが、引退した1986年に同じ会社のバトミントン部に所属していた大谷翔平さんの母となる女性と結婚をされています。

結婚されてからは、三菱重工の横浜製作所の仕事に専念をしていたそうですが、自動車ボディーメーカーに転職しています。

その後、1993年7月に転職先の会社(現トヨタ自動車東日本)が岩手に新設した工場で働くために、地元岩手県北上市に隣接する奥州市に移り住んでいます。

大谷翔平さんは岩手に引越した翌年に生まれていますね。

岩手の工場では昼夜2交代制の製造ラインで働きながら、大谷翔平さんが所属する野球チームの監督も引き受けて続けていたそうです。

2016年に勤務先を退職されてから、地元の野球チーム「金ヶ崎リトルシニア」の監督業に専念をされているようです。

スポンサーリンク

【顔画像】大谷翔平の母親は大谷加代子で元バドミントン選手!

大谷翔平さんの母親は、大谷加代子(おおたに かよこ)さんです。

大谷翔平の母親の顔画像とプロフィール

こちらが大谷加代子さんの顔画像です。

【顔画像】大谷翔平の両親の職業は?高身長な3兄弟を育てた教育方針とは?画像引用元:https://www.sponichi.co.jp/

名前:大谷加代子(おおたに かよこ)
生年月日:1963年
出身地:神奈川県横浜市
学歴:神奈川県立横浜立野高等学校

大谷翔平さんは顔は父親似ですが、表情は母親の加代子さんに似ているようですね。

母親の大谷加代子さんも身長が170㎝と女性としては高身長なので、大谷翔平さんは母親のDNAもしっかりと受け継いでいるということでしょうね。

大谷加代子さんは学生時代はバドミントン部に所属していたそうで、中学3年生の時に代表メンバーに選出され、全国大会の団体女子の部で準優勝という輝かしい成績も残されています。

ちなみに決勝戦での対戦相手は、1992年のバルセロナオリンピックにも出場したタレントの陣内貴美子さんだったそうです。

【顔画像】大谷翔平の両親の職業は?高身長な3兄弟を育てた教育方針とは?画像引用元:https://www.badspi.jp/

このことからも、大谷加代子さんがバドミントン選手として優秀だったことが分かりますよね。

大谷翔平の母親の職業や経歴は?

【顔画像】大谷翔平の両親の職業は?高身長な3兄弟を育てた教育方針とは?画像引用元:https://gtomoblog.com/

大谷加代子さんは高校卒業後に地元の三菱重工の横浜製作所の社会人チームに所属して活躍をされていました。

実家は横浜なのですが、大谷徹さんと結婚をされて岩手県に引っ越しすることになります。

大谷加代子さんは内職をされていたそうですが、大谷翔平さんが小学校に入学されると水沢市内の飲食店でパートを始めたそうです。

週に4~6日、4~8時間も働くことがあったそうで、スポーツをする子供を育てるのに食費などの家計が大変だったのかもしれませんね。

さらにパートに出ながら、家事もこなして週末や平日も関係なくグランドにも足を運んで大谷翔平さんのことを支えていたそうです。

そんな大谷加代子さんですが、大谷翔平選手がプロ入りしてからもパートは続けていたそうです。

大谷翔平さんはプロ3年目で1億円プレーヤーとなっていますので、家計が苦しいということはないと思いますが「自分たちの生活費は自分で稼ぐ」という考えがあったそうです。

子供は翔平だけではありません。お兄ちゃん、お姉ちゃんは自分で働いたおカネで生活しているし、これからしていくわけです。なのに、わたしたちが翔平におんぶにだっこというのは、お兄ちゃん、お姉ちゃんの目から見たらどうだろうと。やっぱり自分たちの暮らしは自分たちで……
引用元:https://www.nikkan-gendai.com/

さらに父親の大谷徹さんもこう語っていました。

「仕事を辞めようと思ったことですか?翔平が(高校から)アメリカに行くなら、会社を辞めてついて行こうと。考えたのはそのときくらいですかね。翔平が活躍するようになったからといって、子供に、『ごめん、食わしてくれ』とは言いづらいですよね、親として」
引用元:https://www.nikkan-gendai.com/

大谷翔平さんのご両親は、本当に素晴らしい考えを持っているようですね。

今の大谷翔平さんの活躍は、この両親の考え方なしでは考えられないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

【顔画像】大谷翔平の兄は大谷龍太で野球選手!

大谷翔平さんの兄は、大谷龍太(おおたに りゅうた)さんです。

大谷翔平の兄の顔画像やプロフィール

こちらが大谷龍太さんの顔画像です。

【顔画像】大谷翔平の両親の職業は?高身長な3兄弟を育てた教育方針とは?画像引用元:https://sportiva.shueisha.co.jp/

名前:大谷龍太(おおたに りゅうた)
生年月日:1988年3月20日
身長:187㎝
学歴:岩手県立前沢高等学校

大谷龍太さんは大谷翔平さんより7歳年上で、トヨタ自動車東日本の野球部に所属し社会人野球でコーチ兼外野手として活躍をされています。

大谷龍太の野球選手としての経歴

【顔画像】大谷翔平の両親の職業は?高身長な3兄弟を育てた教育方針とは?画像引用元:https://www.asahi.com/

大谷龍太さんの高校受験は野球推薦ではなく、一般入試で岩手県立前沢高等学校に合格しており、野球部では主に3番打者として活躍をしていました。

残念ながら甲子園への夢は果たせなかったそうです。

高校卒業後は地元企業に就職していましたが「まだまだ、自分はできる」という思いから、工場で働きながら水沢市(現・奥州市)を拠点にするクラブチーム「水沢駒形野球倶楽部」で野球をしていたそうです。

水沢駒形野球倶楽部は1921年に創立され、約100年続く伝統あるクラブチームだったそうですが、なかなか思うような練習ができなかったため、四国アイランドリーグの高知ファイティングドッグスに移籍します。

高知ファイティングドッグスで2年間プレーした後に、地元の奥州市金ケ崎町にあるトヨタ自動車東日本岩手工場の野球部の創設時に声を掛けらて入部を決意。

2018年には、第89回都市対抗野球大会にも初出場をされていました。

大谷龍太さんはプロを目指していたそうですが、高校までは野球を本格的に教わったことがなく、幼い頃は独学で野球を練習していたそうです。

この事について父親の大谷徹さんは、仕事が忙しくほとんど教えてあげることができなかったことが心残りだと語っており、大谷翔平さんが生まれた時には自ら指導することを決めたそうです。

もし、大谷龍太さんが幼い頃より父親の指導を受けていたら、兄弟揃ってメジャーリーグで活躍をしていたのかもしれませんね。

大谷龍太は結婚して嫁も子供もいる!

大谷龍太さんは2013年に結婚をされて、長男も一人いらっしゃるようです。

結婚相手については、高知ファイティングドッグス時代に合コンで知り合ったと言われていますが、一般人女性のため詳細は公表されていません。

ネット上では「ミス高知」で、地元局のキャスターの経験やタレント活動の経験もあるという噂が流れていました。

大谷龍太さんもイケメンなので、結婚相手の女性もとても綺麗な方なのでしょうね。

大谷龍太さんの結婚式には、大谷翔平さんももちろん出席されていました。

今月は兄龍太さんの結婚式に出席した。親族の幸せな光景を見ても、自身は恋人の存在にあこがれる感情はわかなかったそうで「興味はないですね」と、素っ気なく答えた。
引用元:https://www.nikkansports.com/

スポンサーリンク

【顔画像】大谷翔平の姉は結香で看護師!

大谷翔平さんの姉は、大谷結香(おおたに ゆか)さんです。

現在は結婚をされて、流石結香(さすが ゆか)さんに苗字が変わっているようです。

大谷翔平の姉の顔画像やプロフィール

こちらが大谷翔平さんの姉の結香さんの顔画像です。

【顔画像】大谷翔平の両親の職業は?高身長な3兄弟を育てた教育方針とは?画像引用元:https://news.baseball-license.com/

名前:流石結香 (旧姓:大谷)
生年月日:1992年
身長:168㎝
最終学歴:岩手看護大学

大谷翔平さんとはあまり似ていないように感じますが、どこか面影があるようにも思えます。

幼い頃は大谷翔平さんと兄弟喧嘩をよくされていたそうですよ。

結香さんは高校時代バレーボールをしていたそうなので、高校について調べてみましたが情報はありませんでした。

高校卒業後は岩手看護大学に進学して、母親の地元でもある神奈川県横浜市の病院で看護師として働いていたようです。

2021年現在は結婚をされていますので、退職をされている可能性が高いのかもしれません。

姉の結香の結婚相手は野球部部長!

結香さんの旦那さんは、大谷翔平さんの母校でもある花巻東高校の野球部部長を務めている流石祐之(さすが ひろゆき)さんです。

流石祐之さんは2004年に花巻東高校の野球部のコーチに就任しており、2007年4月から野球部部長を務められています。

エンゼルス・大谷翔平投手(25)の2歳年上の姉・結香さんが今年1月に結婚していたことが分かった。3人きょうだいの中では7歳年上の兄・龍太さんに続く結婚で、注目のお相手は大谷の母校である花巻東の野球部で部長を務める流石裕之氏(37)。
引用元:https://www.tokyo-sports.co.jp/

こちらが流石祐之さんの顔画像です。

【顔画像】大谷翔平の両親の職業は?高身長な3兄弟を育てた教育方針とは?画像引用元:https://www.nikkansports.com/

結香さんと流石祐之さんの結婚式は、2021年1月に東京都内のホテルで行われたそうですが、2人が交際していた事実は、ごく親しい身内や花巻東高校の佐々木監督以外は知らなかったと言われています。

結婚披露宴には、日本ハムから栗山監督や厚沢ベンチコーチらが出席して、乾杯の音頭は栗山監督が取られたそうです。

2人の馴れ初めについては分かっていませんが、大谷家と花巻東高校の関係者は家族ぐるみの付き合いをされているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

大谷翔平を育てた大谷家の家庭環境や教育方針とは?

【顔画像】大谷翔平の両親の職業は?高身長な3兄弟を育てた教育方針とは?画像引用元:Twitter

大谷翔平さんの人気の秘密は野球選手としての実力や成績だけではなく、試合中にゴミを拾ったりする礼儀正しさや周囲への優しい気遣いなどが大きな理由と言われています。

大谷家の教育方針

そんな大谷翔平さんを育てた両親の教育方針は、特別なルールを作ることもなく自由にやらせていたそうです。

大谷家の教育方針のテーマ → 本人の意思を尊重し、見守る

父親の大谷徹さんは教育方針についてこう語っています。

「これといったしつけみたいなものはありませんでしたよ。ごくごく普通。私たち親が『おはようございます』『お休みなさい』を言う。あるいは、自分が食べたものは自分で片づける。そんなごく当たり前の普通のことを親が率先してやれば、その姿を子供たちは見て自然とやるようになるのかなあとは思っていましたけど、思い当たるのはそれぐらいですね」
引用元:https://www.news-postseven.com/

子供を育てることで大切にしていたことは、子供が安らげる空間を作る事で、唯一の決め事は「子供の前では喧嘩しない」だったそうです。

幼少期の大谷翔平とは?

【顔画像】大谷翔平の両親の職業は?高身長な3兄弟を育てた教育方針とは?画像引用元:https://mainichi.jp/

大谷翔平さんは幼少期から要領の良い子だったそうで、7歳上の兄と2歳上の姉が怒られるのを見て、同じことは絶対にしなかったそうです。

居心地の良い家庭環境で育てられた大谷翔平さんは、家にいても子供部屋を使うこともなく、両親のいるリビングで過ごされることが多かったと言います。

大谷翔平さんには、小学3年生になる直前に父親と始めた「野球ノート」が存在します。

【顔画像】大谷翔平の両親の職業は?高身長な3兄弟を育てた教育方針とは?画像引用元:https://www.sponichi.co.jp/

野球ノートは毎日書くのではなく、大会や合宿などの節目で「良かったこと」「悪かったこと」「目標」を書いていき、後から父親の大谷徹さんがアドバイスをしてくれるのだそうです。

そして野球ノートには、2人が野球で大切にしている言葉がありました。

・一生けんめい元気に声を出すこと
・一生けんめい走ること
・一生けんめいキャッチボールをすること
大谷翔平さんが一流のメジャーリーガーになれたのは、この父親の教えがあったからというのは間違いないと思います。

また、大谷翔平さんは子供の頃から、両親が進路などについて一切口出しをすることもなかったそうで、高校卒業後に日本プロ野球へすすむことも自分で決断したと言います。

さらにメジャーリーグで二刀流のプレースタイルを貫いているのも、本人の意思だそうですよ。

大谷翔平さんの何でもポジティブに捉えられる発想は、幼少期に両親に否定されることもなく自由に育てられたことが大きな理由なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ!

大谷翔平さんの両親や兄弟について詳しく調査してみました。

大谷翔平さんの家族構成は5人で、全員高身長でスポーツ経験者ということが分かりました。

大谷翔平さんの人柄の良さは、家族環境や教育方針によるものだと考えられます。

これからも大谷翔平さんのメジャーリーグでの活躍に期待したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
伝伝虫

コメント

タイトルとURLをコピーしました