【画像】柴咲コウが老けたのはシワのせい?若い頃から現在までを徹底比較!

スポンサーリンク

柴咲コウ

女優や実業家として活躍をしている柴咲コウさん。

若い頃から綺麗な顔立ちで大人っぽい印象の柴咲コウさんでしたが、最近ネット上では『柴咲コウが老けた?』や『シワがすごい!』など、いろいろと声があがっているようです。

そこで、柴咲コウさんが本当に『老けたのか?』『シワがすごいのか?』など、若い頃から現在までの柴咲コウさんの画像を確認しながらまとめてみました。

スポンサーリンク

柴咲コウの現在(2020年)は老けた?

▼ 現在(2020年)の柴咲コウさんの顔画像

柴咲コウ

名前:柴咲コウ
生年月日:1981年8月5日
年齢:39歳(2020年現在)
血液型B型

年齢的にアラフォーとなった柴咲コウさんですが、顔画像で確認すると39歳という年齢の割には若く見えるような気がします。

そこで老けたと噂になっている、2020年10月10日に放送がスタートされたドラマ『35歳の少女』で主演を務めている柴咲コウさんを確認してみましょう。

▼ ドラマ『35歳の少女』の柴咲コウさんの顔画像

柴咲コウ

確かに凄く雰囲気も変わって老けたように感じます。

ドラマの役柄が『寝たきりから目を覚まして大人になった少女』という設定だったので、薄いメイクのせいかもしれません。

しかし、目元のシワや顔の輪郭もやつれた印象で老けて見えますね。

現在39歳の柴咲コウさん、薄いメイクの画像で確認すると、さすがに歳をとったように感じてしまいますよね。

スポンサーリンク

柴咲コウが老けたのは目元のシワが原因?

柴咲コウ 目

柴咲コウさんが老けたように見える原因に『目元のシワ』があげられているようです。

柴咲コウさんといえば、キリっとした目力の強い目が印象的ですよね。

若い頃から笑った時にできる目元のシワは指摘されていたようですね。

柴咲コウ 目

老けたように見えるのは目元のシワだけが原因ではないと思いますが、年齢を重ねることで目元のシワが目立つようになってきたんだと思います。

キリっとした目が素敵な柴咲コウさんですが『笑いジワ』が多いということは、それだけ良く笑っている優しい性格の持ち主なのではないでしょうか。

目元にシワのある柴咲コウさんが素敵に思えてきます。

スポンサーリンク

柴咲コウの若い頃から現在まで時系列順に徹底比較

柴咲コウさんは、これまで多くのドラマや映画に出演されていますので、画像を使って若い頃から現在(2020年)までを、時系列順に比較していきたいと思います。

柴咲コウ 10代の頃

デビュー当時 柴咲コウ(17歳) 

柴咲コウ 17歳

柴咲コウさんのデビューは、1998年7月4日に放送された番宣番組『倶楽部6』でした。

高校生の頃の柴咲コウさん、当然ですが若くてピチピチでかわいいですよね。

1998年 柴咲コウ(18歳)  

柴咲コウ 18歳

翌1998年に放送された日本リーバの”ポンズ・ダブルホワイト”のCMでは、「ファンデーションは使ってません」というセリフが話題となりました。

今より笑顔が優しい感じがします。

2000年 柴咲コウ(19歳)

柴咲コウ 19歳

2000年12月16日に公開された話題の映画『バトル・ロワイヤル』に相馬光子役で出演。

この頃からキリっとした目が印象的でした。

まだ10代なので、当然ながら老けた感じやシワも全くありませんね。

柴咲コウ20代の頃

2000年 柴咲コウ(20歳)

柴咲コウ

2001年10月20日公開の『GO』に出演。

この映画での演技が高く評価されて「日本アカデミー賞  最優秀助演女優賞・新人俳優賞」、「キネマ旬報ベスト・テン 最優秀助演女優賞」など数多くの映画賞を総なめにしています。

20歳の柴咲コウさんは肌もツヤツヤで綺麗ですね。

2006年 柴咲コウ(25歳)

柴咲コウ

2003年7月から放送されてシリーズ化された話題作「Dr.コトー診療所2006」にもヒロイン役で出演。

この頃は長かった髪を切って若返ったような気がします。

若いだけあってナースの衣装がとても似合っていました。

2008年 柴咲コウ(28歳)

柴咲コウ

人気ドラマ『ガリレオ』の劇場版として、2008年10月4日に公開された映画『容疑者Xの献身』にも出演。

女刑事役の柴咲コウさんのスーツ姿がとてもきまってましたよね。

アラサーになった柴咲コウさん、大人っぽくなった印象ですが老けたような感じは全くと言っていいほどしません。

こんな美人で綺麗な女刑事は実在しないと思いました。

柴咲コウ30代の頃

2013年 柴咲コウ(32歳)

2013年10月13日から放送された木村拓哉主演のドラマ『安堂ロイド』ではヒロインの安藤麻陽役で出演。

少しシワが気になります。

柴咲コウさんも三十路を越えて、少し目元あたりのシワが目立ってきた頃ではないでしょうか。

もう一枚の画像で確認してみましょう。

柴咲コウ 32歳

やはり目元や顔の輪郭に老けを感じるようになってきたと思います。

20代の頃に比べるとほっそりと痩せているので、シワが目立ってきたのかもしれませんね。

2017年 柴咲コウ(36歳)

柴咲コウ

2017年に放送された『大河ドラマ おんな城主 直虎』では主演を務めています。

役柄のせいかシワは目立ちませんが、老けて見えます。

この頃になると顔のキツさがなくなり、優しい雰囲気になったような気がしました。

2020年 柴咲コウ(39歳)

2020年放送のドラマ『35歳の少女』では主演を務めています。

役作りのために減量をしているのかもしれませんが、ホホやアゴのラインがげっそりとしていて年老いた雰囲気がでています。

髪型でさらに老けて見えるのかもしれませんね。

柴咲コウ

泣き顔では目元のシワが多くなっているのがハッキリと分かります。

ほうれい線や口元のシワも目立っていますよね。

しかし、もうすぐ40歳で、役作りのためにすっぴんなので、目元のシワやほうれい線が目立っても仕方がないと思います。

最後にバッチリとメイクをした39歳の柴咲コウさん。

柴咲コウ 2020

目元など歳をとったように感じますが、とても綺麗で美人です。

バッチリとメイクをきめるとアラフォーには見えませんよね!

スポンサーリンク

まとめ!

老けたと言われている柴咲コウさんですが、若い頃から現在までを確認した結果、年相応の老け方だと感じました。

これからは大人の女性としてさらに綺麗になっていくのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました