【顔画像】菅官房長官の妻は真理子夫人!『安田成美』似の美人と話題!

スポンサーリンク

菅官房長官の妻。真理子夫人

安倍首相が辞任をしたことによって、次期総裁選が話題となっています。

それと同時に気になってくるのが、次期ファーストレディの存在です。

『ポスト安倍晋三』の大本命と言われている菅官房長官。

菅官房長官を初当選から支え続けてきたのが、安田成美似の美人と言われる『真理子夫人』です。

今回は、菅官房長官の妻『真理子夫人』がどんな方なのか? 詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

菅官房長官の妻『真理子夫人』ってどんな人?

1987年に初当選されてから、菅官房長官を影で支え続けてきたのが妻の真理子夫人と言われていますが、その素顔はあまり世間に知られていないようです。

基本的に公の場など表に出ない方の様で、地元議員の『夫人会』にも出席をされていないそうです。

菅官房長官も妻・真理子夫人について、ほとんど語ることがありません。

そんな、真理子夫人は、菅官房長官(71歳)より5歳年下で2020年現在で66歳ぐらいと言われます。

髪型は、ショートカットが良く似合っていて、若い頃は安田成美さんによく似ていて、スレンダーな美人と言われていたそうです。

安田成美

こちらが、木梨憲武さんの妻・安田成美さん。

笑顔の素敵な安田成美さんですが、真理子夫人も笑顔の素敵な方なのでしょうか?

真理子夫人の印象を調べてみると、

奥さんは控えめであまり前に出ない方です。中学校の同窓会にも来られました。菅さんの口から家族の話を聞くことはまずありません。それがポリシーなんでしょう

真理子夫人はオーラがあって、凜としたところもありますが、特別ブランドものを身につけることもなかったです。ビックリしたのが、前回の選挙でも夫人はいまだに緊張で眠れないと言い、開票前は震えていらっしゃいました

真理子夫人と特徴をまとめてみると、凛としてオーラがあるものの、控えめで服装などは地味な普通の主婦のような印象。

忙しい夫のために、家庭を守り、3人の子供を育てながら、影から夫の仕事も支える『昭和の女』というイメージなんだそうです。

スポンサーリンク

菅官房長官の妻・真理子夫人の顔画像は?

菅官房長官は、真理子夫人について「表にでるのが大嫌いなの」「外に出るのが嫌いな人」と語っていました。

選挙の際も「だから選挙のときだけ手伝ってくれ、ほかは出さないからと。もう否応なしに」っと言って手伝ってもらっていたそうです。

そのため、真理子夫人が公の場にでることは、ほとんどなく顔などもあまり知られていないようです。

そこで、安田成美さんに似ていると言われる『真理子夫人』の貴重な写真を探してみました。

真理子夫人

1987年に横浜市会議員選に初当選された時の菅官房長官、横に写っているのが真理子夫人です

真理子夫人

当時、真理子夫人は31歳。

当時からショートカットだったようですね。

菅官房長官・真理子夫人

正面から見ると、安田成美さんに似ていて美人なのが分かります。

とてもショートカットがお似合いです。

真理子夫人

こちらが、2019年7月の真理子夫人。

2020年現在、66歳と言われている真理子夫人ですが、とても若く見えてお綺麗ですよね!

真理子夫人がファーストレディーになると、公の場に出ることも多くなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

菅官房長官の妻・真理子夫人の学歴は?

真理子夫人

真理子夫人の学歴などを調べてみましが、詳細は公開されていないようです。

真理子夫人の出身地は静岡県ということで、県内の偏差値の高い高校に通っていた可能性があると思われます。

真理子夫人の妹さんは、衆議院議員小此木彦三郎さんの秘書をされていたということ。

議員秘書をしていたということで、真理子夫人の妹さんは、それなりに良家で学歴があった方だと考えられます。

その議員宅に家事手伝いとして静岡からきていた真理子夫人も妹さんと同様にある程度の学歴だったのではないでしょうか?

真理子さんの3人の息子さん達の学歴を見てみると、

・長男:明治学院
・次男:東京大学
・三男:法政大学

学生時代には「中学高校では運動部に入れ」と義務づけられていたそうで、長男は柔道部、次男はサッカー部、三男はバスケットボール部などをされていたそうです。

厳しく育てられていたみたいですね。

息子さん達の学歴や経歴を見ても真理子夫人は、知的で教育熱心な母親であったのではないでしょうか?

真理子夫人の学歴や経歴など詳細が分かりましたら追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

菅官房長官は妻・真理子夫人に一目惚れで結婚!

菅官房長官

菅官房長官と妻・真理子夫人の馴れ初めは何だったのでしょうか?

菅官房長官は、1948年12月6日に秋田県のいちご農家の長男として生まれています。

高校卒業後に「東京へ行けば何かが変わる」と夢をもって集団就職で上京。

農家の長男だから農業を継がなければならない。とにかく田舎から逃げ出したい、その一心。家出同然だった

上京後は、段ボール工場に就職するも現実の厳しさを痛感して数カ月で退社しています。

その後、私立大学の中で1番学費が安かったという理由で法政大学法学部に入学。

卒業後は、電気設備会社に就職をするも『人生は一回きりだから自分の思うように生きたい』と政治の世界に入る決断をしたそうです。

そして、大学の学生課とOB会に頼み込んで、小此木彦三郎衆院議員の秘書として働くことになります。

その時に、家事手伝いとして静岡からきていた真理子夫人と出会ったとされています。

真理子夫人は秘書仲間だった女性のお姉さんでした。菅さんは『(パッと見て)なんとなく(結婚する)』と、“ひと目ぼれ”だったと番組で私に話してくれました。

菅官房長官は、パッと見てなんとなく結婚をすると予感がしたそうです。

一目惚れで、ビビビっときてしまったんでしょうね。

そんな運命的な出会いをした二人は、1981年の菅勧募長官が31歳、真理子夫人が26歳のときにご結婚。

1987年に横浜市会議員選に初当選される以前から、官房長官になられた現在までを、影で支え続けてこられたのが真理子夫人です。

菅官房長官は、官房長官になられた13年から赤坂の議員宿舎に泊まり、ほとんど横浜の家には帰っていないそうです。
真理子夫人が家や選挙区を守りながら、毎日のように横浜から議員宿舎まで通って、掃除や洗濯など世話をしているそうです。

菅官房長官は、あまり夫婦間の会話がないと話していましたが、夫婦の仲は良好なようですね。

スポンサーリンク

菅官房長官の『令和のネクタイ』は真理子夫人が選択!

菅官房長官

2019年4月の新しい元号『令和』を発表された際の青いネクタイは、妻である真理子夫人が選んだと菅官房長官が当時のことを話していらっしゃいました。

まあ、苦労かけてますしね。普段は記者会見などでテレビに出る機会も多いので、支援者の方々から会見でぜひ着けてほしいとお贈りいただいたものなどを着けていますが、元号発表の時くらいは女房に選んでもらおうと。たくさんネクタイを買ってきて、「ああでもない」「こうでもない」と私の胸に当てて迷っていましたね。「好きなやつにしたら」と言いましたが(笑)。

真理子夫人も夫である菅官房長官の一生に一度の晴れ舞台を心から心配されていたのでしょうね?

『令和』のイメージにぴったりの清々しい青のネクタイだったと思います。

そして、総裁選に出馬を表明された際も、『令和』を発表した時と似た色の青のネクタイをしていたようです。

菅官房長官にとって、真理子夫人が選んでくれた『青色のネクタイ』はラッキーアイテムなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、菅官房長官の妻・真理子夫人についてお届けしました。

これまで、菅官房長官を影で支えてきた真理子夫人なら立派なファーストレディーとして、次期総理を支えてくれるのではないでしょうか。

菅官房長官の奥様は素敵な方の様です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました